(岡田茂吉師御論文です)

伝染病恐るるに足らず

『栄光』164号、昭和27(1952)年7月9日発行

 これから夏期になるに従って、諸種の伝染病が続出するとして、当局は大童

 

(おおわらわ)になって、予防方法や色々な施設に懸命であるが、吾々からみ

 

るとまことに情ないのである。何となれば医学はその根本が分っていないから

 

でもあるが、根本さえ分ってみれば何も心配も要らないばかりか、むしろ伝染

 

病に罹ればそれだけ健康は増すのである。その何よりの証拠は伝染病が治る

 

と当分は発(おこ)らないばかりか、病種によっては一生免疫となり、健康はよ

 

りよくなるのである。こんな事をいうと現代人は到底信じられないだろうが、そ

 

れが真理だから、仕方がない。そこでその理由を詳しくかいてみるがこれを読

 

んだなら何人もなるほどと合点がゆくであろう。

 そもそも伝染病なるものは最も急速に行われる浄化作用であって、これ程結

 

構なものはないのである。というのは今日の人間は非常に血が濁っている。こ

 

の原因はいつもいう通り無暗に薬を体内に入れるからで、薬は元々毒であっ

 

て、その毒が血液へ吸収されて濁血者となるのである。ところが濁血者は虚弱

 

で病気も発り易いから、ここに自然はその濁りを排除すべき浄化作用が発る

 

ので、人体は実によく出来ているのである。

 ところが面白い事にはその濁りを解消する作用として、黴菌という微生虫が

 

発生してその仕事をする。すなわち黴菌はその濁りの微粒子を喰いつつ繁殖

 

するのであるからつまり濁血の不純物こそ黴菌の食物になる訳で、殖菌作用

 

ではなく食毒作用である。

 右のように浄化作用が起るという事は、人間ばかりではない。地上一切の物

 

に対しても同様で、これが万有の原則である。すなわち暴風雨も、雷火も空間

 

の浄化活動であり、戦争も、火災も、洪水ももちろんそれである。従って人体も

 

血液が濁れば浄化が発るのは、自然の生理作用であるから、伝染病に罹らな

 

いようにするには血液を濁らせない事である。では浄血者になるにはどうすれ

 

ばいいかというとはなはだ簡単である。すなわち薬を用いなければいい。何と

 

なれば人間が生きるに必要なものは自然に作られる。五穀、野菜、魚鳥、獣

 

肉、水等がそれであるから、それを飲食していれば、決して病気に罹るはずは

 

ないのである。何よりもそれらことごとくに味があるという事は、その物自体が

 

食うべきものである事を教えている。それをどう間違えたものか、苦い薬を服ん

 

だり不味いものを栄養などといって食うのは、いかに自然に反するかが分るで

 

あろう。そればかりか結構な浄化作用を悪い意味に解釈し薬という毒物で一時

 

抑えをする。その方法が医療であるから、これほど間違った話はあるまい。

 以上の理が分ったなら伝染病は恐ろしくないばかりか、健康上必要なもので

 

ある。そうして本教浄霊の意味であるが、浄霊とは黴菌の食物である血液の濁

 

りを解消してしまう神力であるから、黴菌の食物がない以上、たとえ伝染しても

 

繁殖出来ず、死滅してしまうのは当然でこれが根本的伝染病防止法である事

 

が分るであろう。

岡田茂吉師御論文はこちらから

http://www.rattail.org/

http://www1.odn.ne.jp/~jyourei/goronnbunn.html

岡田茂吉師動画はこちらから

http://peevee.tv/v?6t6mb7


浄霊で病気が治った体験談が載っています

http://www.tokyo-reimei.or.jp/jp/030200.htm